Instagram
【天然油仕上げの木製品のお取り扱い】

■ご使用にあたって
使い始めは樹種によってはザラつきを感じる物もありますが、繰り返しご使用いただくうちにザラつきはとれていきます。
油を使った料理を盛りると油じみがつくこともありますが、使い続けるうちになじんでいき目立たなくなります。
ご使用前に木の表面を軽く水で湿らせると、しみを軽減することができます。また、コーヒー等の色の濃いものに長時間触れていると染まったり、蒟蒻等のアルカリ性の強いものに触れると変色するおそれがありますのでご注意ください。

■ご使用後のお手入れについて
水またはぬるま湯で洗って下さい。しつこい汚れがある場合は、中性洗剤をお使いいただいても構いません。
水に長時間浸け置きすると反りや変色の原因になりますのでお控え下さい。
洗った後は、布巾で水分を拭き取り、よく乾かしてからしまって下さい。乾燥が不充分だとカビの発生の原因になります。
食洗機による熱乾燥や、直射日光による急激な乾燥などは割れや反りの原因になりますので避けて下さい。
仕上げに摺り込んでいる胡桃油や荏胡麻油は、少しずつ抜けていきます。特に、洗剤をご使用の際は油分が多く抜けます。
木の表面がカサカサしてきたら、植物性油(食用のオリーブオイル等でも可)を少量、布で摺り込むように塗って下さい。
 



【漆仕上げの木製品のお取り扱いについて】

■ご使用にあたって
ご使用に関しては特に難しい事はありません。ご家庭にある他の器と同様にご使用ください。

■ご使用後のお手入れについて
水またはぬるま湯で洗って下さい。これだけでも充分に汚れは落ちますが、しつこい汚れがある場合は、中性洗剤をお使いいただいても構いません。ただし、メラミンスポンジのご使用はお止めください。漆の塗膜が剥がれてしまいます。
また、水に長時間浸け置きをしますと反りや変色の原因になりますのでお控え下さい。
洗った後は、布巾で水分を拭き取り、よく乾かしてからしまって下さい。乾燥が不充分だとカビの発生の原因になります。
食洗機による熱乾燥や、直射日光による急激な乾燥などは割れや反りの原因になりますので避けて下さい。
特に、高熱を与えると漆が変色いたしますのでご注意下さい。


味わいのある表情が生まれるまでには、少しの手間と時間が必要ですが、
使い込んで、お客様の手により道具が育っていく過程も楽しんで頂けたら幸いです。